トップ

病院で働く栄養士

栄養士の病院での役割り

栄養士は病院で厳しい口調になる

料理の優れた腕前を持ち快活に話しかけてくる栄養士は、労働する場所しだいで豹変します。入院患者の健康を第一に献立を考える業務を任されると、飲食することを認めていないものを口に入れている事実が発覚すると病院内でも口調が厳しくなります。栄養士が患者向けに作る料理のほとんどは、味が薄く歯ごたえが特段あるわけではないので物足りなさを感じやすいです。その一方で病状が快方に向かうように考えて作られているので、病院で提供されたものだけを食するのは大事です。にもかかわらず決まりを守っていないなら、厳しい指導は当然に行われます。

病院の栄養士について

病院の栄養士は入院患者が安心、安全に継続して食事を取る事が出来るための配慮、工夫を毎日行います。また、病院に勤務する他の専門職と連携してより良い食事の支援に従事しています。栄養士は入院患者だけではなく、外来の患者の栄養指導も行います。また、患者本人だけではなく、その家族や支援者に対する栄養指導にも従事します。毎月の献立を考え、しっかりと食事サービスを患者に提供する事も重要な役割の一つです。食事の安全面や衛生面で不備が生じた時に迅速に対応を行う事も大切な業務です。様々な医療や福祉の専門職との連携が必要になります。

病院と栄養士に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 栄養士の病院での役割り. All rights reserved.